変人サファリパークって、意味ある?  もっと就職支援とかした方がいいと思う。

 

まず前提として、
「ある人が、やりたいようにやっている結果、

それが世の中のためになり、意味がある」
という形になるといいなと思っています。

で、その一つの方法が変人サファリパークなのです。

ここに入る人たちは、
何かしら自分のやりたいことがあって
(それはもしかしたら、一日中テレビを見ていたい、

寝ていたい、とかかもしれないけど)、
それをやっています。

そこにお客様がやってきて、
彼(彼女)がどんな人なのか、
いままでにどんなエピソードがあったのか、
いま何を考えているのか、などを知る。

それは本人と話すのか、
看板がおいてあるのか、
添乗員が解説するのかわからないけど。

でも結果として、お客様がそれで得るものがあればいいし、
そういう風にできるんじゃないかなと思っています。

まずは以下の記事を読んでください。
★セブ島で大喜利をするニートの話 http://d.hatena.ne.jp/pha/20120325/1332662640
★セブ島で“ニート生活”体験…無気力人間は変われたか?
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20121207/zsp1212071130001-n1.htm

セブ島にいった彼は、

ちょっと面白いことを考えられる「大喜利」の才能はありましたが、
一般的にはただのニートです。

が、私からすると、彼の最大の才能は
「先輩からセブ島にいけ、

と言われたら素直にいってしまう究極の受身力」です。

当時の私が彼のその才能を活かす方法を考えた結果、
「セブ島に島流しにされたニート。

facebookの1いいね!につき10円振り込む」という
ちょっと他の人にもおもしろがってもらえる

電波少年的なエピソードの味付けをすることになりました。

結果的に、彼はセブの日本人界隈ではちょっとだけ有名になり、
週に1日ぐらいはムダに呼び出されてご飯おごってもらっていたそうです。

だって、ラジオとか雑誌の取材受けるって、すごくないですか?

北千住で引きこもっていたら誰も取材しないけど、
セブで引きこもったら取材受けるんだ、とびっくりしました。

で、この結果を見て「なるほど、たぶんこの方法の延長線上に、
いままでは役立たないと思われていたその人の『才能』を活かして、
どうにかして生きていく方法ってもっとあるんじゃないか?」
と思ったのです。

セブ島で大喜利ニートの延長線上に、
変人サファリパークがあるんじゃないかと。
いまのところはこれしか答えられないのですが、いかがでしょう。