管理部門の社員をある日突然半分にしてみる。

原発のニュースで「ストレステスト」って言葉を聞いた。

 

ストレス・テストとは?(from wikipedia)

・元々電気製品・部品で耐久性を調べるために、
定格以上の電圧、電流、外部温度、震動を上げてテストをすること
・転じて、銀行や国家などの経営内容が安全かどうか調べる検査としても使われる

 

あ、これ管理部門でもできるじゃん、って思って。

(もうやってるかもしれないけど)

つまり、

管理部門の人数を一ヶ月だけ半分にして

 

 つまり、意図的に通常より負荷をかけて、

耐久性の実験をすること。

管理部門にそれを応用し、

負荷をかけるシナリオを考えると、

・ある社員が突然行方不明になる
・仕事量が突然二倍になる
・未経験の仕事が大量に与えられる

とか?

個人的には、上長が前日に突然

『お前明日から1週間休め!この件は誰にも言うな!』
という業務命令を出して、
ストレステストをするのは楽しそうでもある。

1週間だけ仕事量を2倍にしてみるテストも、
柔軟性のテストとしてはいいかも。
(ありえるシナリオにしないと意味ないけど。お祭りみたいですな。)

前もって「いつかやるから」と予告しておいて、
管理部門として対策を整えておけば、
いい訓練になるんじゃないか。

 

基本的に、ほっとくと人が増えるから、

たまーに「おい!そんなに人いらねーだろ!』って言うためのものとしてどうでしょう。