面白い人事として、障がい者の転職相談をしてみた(その3)「じゃあ次のアクションはこれで」

「その2」の続きです

 

4bata(このブログ主) 目の不自由な面接官探してるときに思ったけど、障がい持ってる人で、この考え方をちゃんとわかってくれて面接に来てくれる人が結構いたのよ。「いるんだ!」とうれしかった。障がい者専用の人材紹介会社でも1社だけだけど、わかってくれた。だから、そういう価値観をわかってくれる人ってのはたくさんいるんだなって、そのときにはじめておもった。わかんない人もたくさんいたけどね。「目が少しでも見えたらだめです。見えない人を紹介してください」という依頼に対して理解してくれない担当の人もたくさんいたけど。ま、これとは若干違う話だけど、ハンデある若手の人で、笑いのセンスが一緒の人たちだけ集められたら、いろいろよさそうだけどね

相談者 乙武さんとかですかね

4bata あー、そうだね

相談者 あとは24時間テレビのあの空気にはしたくないんですよ

4bata 日テレの方でしょ?

相談者 あの感じじゃないんですよ フジテレビの27時間のほうがまだ近い。かっこいいという感じです。乙武さんは近い感じがします

4bata 乙武さんは「手も足も出ません」とかいったりするもんね、あれ面白いよね

相談者 あれは面白いですよ

4bata ずるいなとすら思ってしまうもんな
大学でやってたフリーペーパーの延長線上に、障がいの要素も交えて、何かやっていく。それはあんまりやってる人がたくさんいないし、今後の動きとして良さそうな気がする。

4bata あと、どの人材紹介会社つかってた?障がい者専用の会社

相談者 ****(社名)さんです

4bata おお!実はそこが、「目の見えない人面接官採用」をわかってくれた唯一の会社だ。で、そういう人たくさん紹介してくれたの。

相談者 いいところですよね

4bata 偶然だけど、よかった。もう一度紹介会社に相談することと、あとは、仕事以外で、気があう仲間を探していく、手段としてシェアハウスとかだけど、そういう人たちとつながっていくことと、まずはその二つじゃないかなあ。やることは。

相談者 気になってるサイトがあるんですけど、いろいろみてて、しっくりきたサイト、があってここなんですけど。
http://watashinofukushi.com/
見えない障がいを表すためにバッジにしてて、そういうのを考えて活動しているのがいいなと思ってて、こういう感じなんだよな、って思いますね。
この、大野更紗(@wsary)さんっていう、有名な難病の作家さんがいて、いま大学院生なんですけど。

4bata 「難病女子」ってかいてあるね。いいフレーズ。

相談者 このひとも、乙武さんの次?ぐらいにネットでは説得力のある人なのかなと思ってます。
この方と、お話というか、連絡してみてもいいかもなあと思ってます

4bata そうだね、いいと思う!話したら次のアクションが生まれたりするし。
伊集院テイストをもっといれていったほうが、自分らしさはでるけど、
障がい者大喜利、ぐらいのほうがいいかなとかそんな人居るかな?

相談者 いるでしょ ラジオ好き絶対多いと思うんですよね
このサイトはわかってる感があるんですよね

4bata ただ、こういうときにいつもおもうのが、これが面白くないと、誰も見てくれないんじゃないか?って思っちゃうんだよね。

相談者 俺は当事者だから見るけど、っていう

4bata そう。ま、いいや。いったん次のアクションをまとめてみよう。

アクション
・紹介会社の人に連絡して、就活を再開する
・おおのさん スナックさらさに連絡して話してみる
・話した内容をブログにまとめて公開してみる

で。またもう一度話してみましょう。

相談者 はい、ありがとうございました。

この相談者と連絡を取ってみたい(一緒にシェアハウスやりたい、話してみたい等)方は、@4bataまでご連絡ください!

面白い人事として、障がい者の転職相談をしてみた(その2)「ペットを自分の使ってる薬の名前にしたい」

その1の続きです。

 

相談者 10年後に人工腎臓ができるから、それまでは生き延びてやろうと。「泥すすってでも生きてやる」って感じです。今年の6月の新しい病気が発覚するまでに、面接は結構いいところまでいってて、次最終面接ですよ、ってところだったんです。障がい者採用枠で。障がい者だとするする選考進むんですよ。手帳持ってて、**大学だと、書類通るし、一次二次面接通るし、と。で、手帳なかったときに比べて急に楽になったなとおもって、最終面接の3日前ぐらいに腎臓の新しい病気が発覚したんですよ。

4bata(このブログ主) じゃあ、結局いかなかったの?最終面接には。

相談者 仲介してくれた紹介会社に相談したら、新しい病気があると、勤務条件も変わってくるので、担当者さんから先方の企業に連絡をしてもらいました。結果どうなったか正確には忘れたけど、「ま、今回はやめときましょう」ぐらいになりました。

4bata ってことは、明確に辞退はしてないんだ、ただメンタル的にいきたくない状況だったんだよね、たぶん。

相談者 そうですね

4bata 就職先を考えるときに、聞いておきたいんだけど、営業とか、外回りの仕事だと大変で、デスクワークの方がいいってことになるのかな。

相談者 そうですね、外回りしちゃうと、会社にも、自分にもメリットないかなと。

4bata 内勤の仕事って考えたら、どんなのを想定してた?

相談者 就活やってたとき、最初は手帳もってなかったので、福祉用具とかつくってるところならありかなとおもって。でもやっぱり文系メーカーだと営業になるので、君は歩けないじゃんってなるし、それは今考えると自然な流れかなと。

4bata なるほど。

相談者 で、仲介してもらった紹介会社に、某大手企業なんですけど、最終面接ぐらいまでいって。
それが6月あたり。

4bata で、腎臓の病気の件がわかったってことか。そう考えたら、どういう会社に行きたいかを無視すると、手法としては障がい者専門の会社から受けるのがいいかもね。例え就活シーズンに遅れていたとしても、企業側にニーズはあるだろうから。ま、卒業した後でも第二新卒でも手帳持ってるなら、それが一番最低限やってみていいことそうだね。そっから先は、仕事として面白いかどうか、なにやれば仕事として楽しいかなーってのを、考えることになるのかな。大学時代にやってたこと、とか教えてください。

相談者 ま、ばかばかしいことをまじめにやってた感じです(大学時代の活動を教えてもらう。くだらないことに全力を注いでいた感じ)

4bata なるほど、伊集院さんのラジオのトーンで、かつ、話してて、自分のハンディキャップを笑いの方向にも持っていけるってのは、すごくいいと思う。それは結構すごいスキルだなー。でもどういかせばいいのかわかんない(笑)

相談者 どこかに、ばしっとはまる会社とかあるかなと思うんですけどね。この知恵とガッツが。

4bata 障がい者×やりたい仕事、のパターンがあんまり思いつかないなー。障がい関係なくだと、ベンチャーみたいなところで面白優先で働いてみていいとはおもうけどね。

相談者 障がいなければこれ一本で行ってやろうと思ったんですけど。

4bata だよねー。そこはだからこそ、2パターン考え方があって、福利厚生いい会社に入社して、5時前に仕事終わって、プライベートで馬鹿を全力でやる。そっちのほうがいいかも。もう一つのパターン、仕事で自己実現というか、俺は自分の就活の時はそっちのパターンしか考えてなかったけど。
最近、平日でも眠かったら夕方に家にかえって寝て、また会社に行ったりもしてるんですけど、これいいなって初めて思った。眠かったらすぐ寝て、20時ぐらいにおきたら、体調よくて、これだったら、プライベートで面白いことできるなーって思った。

相談者 元気があれば、ってことですね。

4bata そう、仕事とプライベート分けないっていうことしか考えたことなかったから、その発想なかったなーって。

相談者 それだとお父さんお母さんにいいやすいです。馬鹿を仕事にするよりは。

4bata で、プライベートで、障がい者だからこそできる、ひどいやつをやると。そこはまた別でブレストできるね。手伝いたい。

相談者 ロックなやつを。

4bata そう。やっぱり「全盲の面接官採用したい」ってのを、障がい持ってない俺がいうの、ちょっと遠慮するんだよ。ちょっと、話変わるけど、脳性マヒブラザーズってしってます?

相談者 聞いたことあります

4bata 漫才コンビみたいな感じで、メンバーに脳性マヒの人がいて「それ脳性マヒじゃねえかよ」っていう突っ込みとかするんですよ。NHKの障がい者バラエティでもとりあげられてたけど
その人たちは全部わかってやってる感じだから、いいなって思って見てた。
それと同じことをしなくていいけど、強みとして、まねできない感じだなと。
個人的には、そこまで面白いかというと、微妙だったところもあるんだけど。

相談者 開き直れと

4bata うん、開き直って、というか、「当事者だからこそできること」というか。あ、障がい者プロレスとか知ってます?

相談者 あ、こびとプロレスとか。

4bata それ。ああいうのって、エンタメとして普通におもしろそうで。でも、あれを見て「かわいそう」とか言ってしまう人たちのことも、俺は賛成できないけど、意見としてはわかるじゃないですか。そういうことって、ずっとおきてるんだなーとはおもうけど。その辺になりかありそうだけどね。あとは、セブ山さんとか、こういうの知ってますか?

相談者 あー、サイトは見たことある

4bata 腎臓の話とかをこのトーンで聞いたことない

相談者 でも、どういうパターンがあるかなと。怒られそうですけど

4bata それって、自分がそれだったら、ハンディキャップ持ってたら怒られないんじゃないかなとか?

相談者 腎臓悪いから醤油いっきのみしてみるとか(笑)

4bata それはいいね。40%の腎臓力とはどういうことなのか?でも、醤油いっきのみは、他にないって意味では斬新だけど、笑ってもらえないかもね(笑) 心配される感じになる

相談者 友達を巻き込んでグループでやるとか

4bata そう、病院にいた同じ環境の人たちでコンテンツ作るのは楽しそう。

相談者 もうひとり狭心症の疑いがある友達がいるんですけど、その3人で一緒に住もうっていう話がでてました。誰かがやばかったら誰かが助ける。

4bata 障がい者専用のシェアハウス。何をウリにするか。

相談者 名前は蟹工船にして

4bata そっちにしちゃったらまずいよ(笑)
それはNHKドキュメンタリーの方になっちゃうね−。

相談者 ペットとか犬とか、自分の使ってる薬の名前にしようとか(笑)

4bata それはいい(笑) シェアハウスでおもったのは、大喜利ハウスの時、大喜利専用ustreamスタジオってのにして、設備を作ったら、人が少し集まってきたのよ。大喜利する人って言い訳程度に外部に発表できれば大喜利出来るから。ダイエットシェアハウスで、体重が下がったら家賃が下がる、とかもいいよね。障がい者があつまったときに、シェアハウスにどんな機能があったら、知り合いになりたい障がい者がめっちゃ住みたくなるのか。そこだと思う。

相談者 消防署が横にほしいですねw 救急車が横にほしいと

4bata 緊急事態の時に安心です、と。

相談者 他の時にうるさいですけどね(笑)

4bata そういう意味では、就活とは関係ないけど、障がいをもっているけど、そういったことも笑いにできる人たちがあつまってくるような環境を作れると、病院で同じ境遇の人たちがいて、気分が楽になったみたいに、いいことがあるかもね

相談者 そうですね

4bata そこかもね、仕事とは関係なく、人生において、「やっべーよなww」っていえるひとたちがどれだけ仲間にいるか、ってのは大事かもなあ。しかも、ひとりでそう思ってるけど、同じ境遇の人が周囲にいないひと、いるんじゃないかなあ。

相談者 すごいいっぱいいると思うんですよね、すごい生きにくいですよ、東京って。

4bata 「障がい者採用あるある」とかでブログ書くだけで人集まりそうだけど。

相談者 せっかくそっち側になったので、そっち側で面白いことやりたいなって思ってます

(続きます)

面白い人事として、障がい者の転職相談をしてみた(その1)「腎臓が60%やられちゃってる」

このブログにて1年前に「変人のための転職相談」を募集して
1年間問い合わせゼロだったのですが、
最近一人目のお問い合わせがあったので、相談に乗ってみました。

★相談者のプロフィール
・大学4年生
・伊集院光さんのラジオが好き
・障害者手帳3級を持つ,就活も春からは障害者採用枠で探していた
・元々の左足の弱い麻痺(歩くのに杖がいる程度),この春に手帳取得
・6月に健康診断で腎臓の炎症が発覚し,現在の腎機能は40%程度
・10年以内に透析もありうる。
・6月からの3ヶ月間,ほぼ落ち込んでいた。就活もストップ
・でも奮起。辛いけどなんとかやっていこう。
・精神的にタフなのか鈍感なのかわからないですが、まぁたとえ辛くても笑える感じ、ネタにしていこうよ、というのが信条なので周りに強いねと驚かれてもピンと来ないというかシメシメといった感じです。

 

これ見ただけで大変そうですね!!

以下、会話内容の書き起こしです。

 

 

4bata(このブログ主) 伊集院さんはいつからきいてるんですか?

相談者 2004年ですかね?最初は爆笑問題さんのラジオを聞いてて、時間あるから他の曜日を聞いたら月曜日が面白かったので、他の曜日聞かなくなりました。

4bata なるほどね。2004年だと、緊急入院事件、録音大放送とかだね、これ録音のフリしてほんとはスタジオにいる、みたいなやつだね。あれは・・・
(ここから伊集院さんのラジオの話が続くので省略)で、状況なんですけど、障がい者手帳3級を持つ。最近とった

相談者 春にとりました。

4bata 左足の麻痺はずっとある?

相談者 そうですね、小学校から。

4bata そういうのって、僕とかだと母子家庭とかで、お父さんがいないことに対して、中学ぐらいまではコンプレックスだったんですけど。麻痺とかわかりやすいじゃないですか。そういうのって、どういう自己認識なんですか?

相談者 歩行状態がぐっちゃぐちゃなので、遠目に見てもおかしいなってわかるんですよ。で、やっぱりなんか中学生の頃はつらいですよね。周りの人は部活やってるのに、できないやとか。体育とかもほんとにハンディキャップで、100m走とか

4bata 100m、杖を使って走るの?

相談者 あ、100mぐらいならなくても、なんとかなります。

4bata あ、そうなんだ。でも左右のバランスがおかしい感じで走ってると。

相談者 そう、なので、インのインをついて最短距離を走ろう、みたいな(笑)。それでもコンプレックスでしたよね。つらくて。でも、大学病院で入院してたので、そのときに同年代の子たちで似たような状況の人たちがいて、同じコンプレックスの種類で抱えてる人たちがたくさんいて、そいつらと「いやーどうする?」って話したりしてたのは、よかったですね「やっちまったなー(笑)」

4bata この状況ハンデあるよなーみたいは話ができる、同じ境遇の人たちがいると。それはいいね。

相談者 そういうところで、日々の暮らしだと、視線として少数派にされて、いろいろいわれるけど、病院という場所に行けば同じ人たちが居て。

4bata 最初のメールに、「落ち込んでた」って書いてたから、もっと暗いトーンかと思ったら、意外と明るい感じだね。話してて。

相談者 今はちょうど吹っ切れました。しょうがないしょ、と。

4bata しかも、6月に腎臓の病気?

相談者 また、ダブルパンチで病気で、とんでもないことになりましたよ。左足の麻痺だけじゃなくて、腎臓が今後よわってきて、透析の必要があるかもしれないという。

4bata ほんとだよね(笑) あ、笑ってる場合じゃないんだろうけど

相談者 わらったほうがいいですよ。

4bata 僕ね、そういうとき、相手の不幸な話でも全部笑うんですよ。

相談者 あー落研の悪いところですね。

4bata そうだね、まったく感情移入しないから

相談者 それのほうがいいですよ この話大学の先輩とかにすると、みんなしゅんとなるし

4bata そりゃそうだよ(笑) 「大変だね・・・」みたいな深刻になるよ。

相談者 できることあったらなんでもいってね、とか。ねえよ!って感じですけど。
笑えるね、ってのほうが、いいな、のほうが楽ですね。あと、これも僕の不幸中の幸いですけど、人の不幸を笑うところがあるので、後輩でいまがっつり入院してる人がいるんですよ
そいつのところに急にお見舞いに行って、「おまえ大変らしいな(笑)」
100%の不適な笑みですよ、俺も大変だけど、おまえもやばいなーと、そういう境地。
でも考えると、今の生活は大丈夫なんですけど、やっぱり将来やばいなって。

4bata え?腎臓は、いま60%やられちゃってるってこと?今後ちょっとずつ弱まっていくだろうと

相談者 そうですね。そういう見立てです

4bata それすごいね
これだと、障害者手帳もかわってくるのかな

相談者 透析になると1級になるのかなと。

4bata ただ、障害者手帳枠で就活してたっていっていたけど、そういえば、1年前ぐらいに 目が見えないひとを採用しようと思ってたんです。

相談者 たぶんそれをみて検索にひっかかってブログを知りました。

4bata で、そんなときに調べたんだけど、基本は身体障害者の人は、企業側がほしがってるから、相場の価値があがってるらしいと。採用が難しいと。精神障害の方ははちょっと偏見があるから、採用しやすいです、と。そんな感じだと。で、障がい者採用は就活では有利になるんだろうけど、働きたい仕事のほうから会社考えるパターンと、障がい者採用枠から会社を探すパターンと二つあるなってちょっと思ってて。どうなんだろうなって、なんとなく思ってた。まずは。

(続きます)