視覚障害者を面接官として採用する

 

ある投資会社が
次の投資部長を目の不自由な方にしたら、
逆に投資対象の会社がよく把握できるのではないか?
というコメントをしていた、という話を聞いた。

それならば、人を見極めるという意味で、
視覚障害者は面接官もいけるのではないかと。

将来的には自分たちの会社以外でも
目の見えない方を面接官として雇えるはずだし、
マッサージ師など、目の見えない方の特徴をいかせる
職業のひとつとして、面接官を定着させられないか?

職種名は、心眼面接官。

私がこのアイデアを気に入っているのは、
目が見えないことを逆に武器とした仕事になってる気がするから。

普通にやったら失敗しそうな人向けの転職相談コーナー

だいたい年にひとりぐらい応募が来ています。

 

★この転職相談 マイナスの特徴

・相談をうける私が、まだ特にやり方がわかってない

・そもそも相談に乗る私が、一回しか転職したことないし、しかも知り合い経由で転職したから特に経験ない

 

★この転職相談 プラスの特徴

・普通じゃない(かつ、世間には特に評価されない)趣味、志向をもったひとに対して、好印象をもっている

・たぶん、そういう人がどうしたらいいかについては、アドバイス得意なはず

・あと、本当に「強みに特化しろ」という考えでいくので、企業側のニーズに合わせることはやめろ!と言い続ける

・たぶん、平均よりもアイデアでるから、面白いこと考えられる

・一応いつも面接やってるから、そういうのわかる(でもスゲー偏ってる)

・否定しない(どんな点でもおもしろがれる)

・おもしろい!

・しつこい

・職業は人事です

 

★その他注意点

・全部skype(音声のみ)でやります。休日の午前中とかに

・会話内容を公開したい

 

★実績(書き起こし)

障がい者の転職相談をしてみた(その1)「腎臓が60%やられちゃってる」

この人伊集院光のラジオ好きだからやってて楽しかった。

障がい者の転職相談をしてみた(その2)「ペットを自分の使ってる薬の名前にしたい」

障がい者の転職相談をしてみた(その3)「じゃあ次のアクションはこれで」

 

★価格

無料(とりあえず3名までやってみる)よって、年に一人ぐらい応募があるので、あと2年ぐらいは無料

 

★申し込み方法

以下のフォームからどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

相談したいこととか、困ってることとか、適当に書いてください。そんなに長くなくていいですよ。

 

 

変人サファリパークって、意味ある?  もっと就職支援とかした方がいいと思う。

 

まず前提として、
「ある人が、やりたいようにやっている結果、

それが世の中のためになり、意味がある」
という形になるといいなと思っています。

で、その一つの方法が変人サファリパークなのです。

ここに入る人たちは、
何かしら自分のやりたいことがあって
(それはもしかしたら、一日中テレビを見ていたい、

寝ていたい、とかかもしれないけど)、
それをやっています。

そこにお客様がやってきて、
彼(彼女)がどんな人なのか、
いままでにどんなエピソードがあったのか、
いま何を考えているのか、などを知る。

それは本人と話すのか、
看板がおいてあるのか、
添乗員が解説するのかわからないけど。

でも結果として、お客様がそれで得るものがあればいいし、
そういう風にできるんじゃないかなと思っています。

まずは以下の記事を読んでください。
★セブ島で大喜利をするニートの話 http://d.hatena.ne.jp/pha/20120325/1332662640
★セブ島で“ニート生活”体験…無気力人間は変われたか?
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20121207/zsp1212071130001-n1.htm

セブ島にいった彼は、

ちょっと面白いことを考えられる「大喜利」の才能はありましたが、
一般的にはただのニートです。

が、私からすると、彼の最大の才能は
「先輩からセブ島にいけ、

と言われたら素直にいってしまう究極の受身力」です。

当時の私が彼のその才能を活かす方法を考えた結果、
「セブ島に島流しにされたニート。

facebookの1いいね!につき10円振り込む」という
ちょっと他の人にもおもしろがってもらえる

電波少年的なエピソードの味付けをすることになりました。

結果的に、彼はセブの日本人界隈ではちょっとだけ有名になり、
週に1日ぐらいはムダに呼び出されてご飯おごってもらっていたそうです。

だって、ラジオとか雑誌の取材受けるって、すごくないですか?

北千住で引きこもっていたら誰も取材しないけど、
セブで引きこもったら取材受けるんだ、とびっくりしました。

で、この結果を見て「なるほど、たぶんこの方法の延長線上に、
いままでは役立たないと思われていたその人の『才能』を活かして、
どうにかして生きていく方法ってもっとあるんじゃないか?」
と思ったのです。

セブ島で大喜利ニートの延長線上に、
変人サファリパークがあるんじゃないかと。
いまのところはこれしか答えられないのですが、いかがでしょう。

変人をふやすことに公益性があるのか?

 

私は、「人はそもそも産まれたときは変人だった」という考え方にたっています。

周囲からの評価を気にせず、自分の基準にそって、
思ったことはそのまま言うし、やりたいことはやる。

簡単に言うと、私の考える「変人」はそういうことで、
こんな人のほうが人生は楽しくなるんじゃないかなと思ってます。

でもたいていは、大人になるにつれて、周囲の人に気をつかったりして、
自分の中にあった他人とは違った部分を少しずつ隠していく。

もっとみんながわがままになればいいなあと考えています。
もちろん周りに迷惑かけちゃあダメなんですが。
でも昔よりは、わがままな状態で生きていく方法が増えてるんじゃないかと考えております。

で、そのためのサポートをしたいのです。これは十分公益性があるんじゃないかと。いかがでしょう。

天才サファリパークを作るとしたらこんな説明文を書く

没ネタ。
変人サファリパークではなく、
天才サファリパークというテーマパークにするとしたら
どんな文章にするか

 

====

天才 – 天から与えられた才能を持つ人

天才サファリパークとは、
天才たちの生態をみて楽しく学べるテーマパークであり、
それをつくるために設立された
NPO法人の名前でもあります。

でも別に、天才をどこかに集めて
入場料もらうとかはしませんよ。

どちらかというと、
既に世の中そのものが天才サファリパークなのに、
誰も気づいていない!

だから、まずは私が園長となり、
同じような考え方の人と一緒に、
天才サファリパークの楽しみ方を形にしていこうという趣旨です。

天才とはそもそも周囲に認められるものです。
自称ではない。

ということは、自分がいかに他人の個性を、
とくに一般的に褒められるようなことではない個性すらも、
「才能」としてポジティブにとらえられるか、
それが天才サファリパークを楽しめるかどうかの分かれ目となります。

ところで、私の本職は企業の人事です。
人事というのはそのひとの強みを活かして、
会社にどのように貢献してもらうかを考える仕事でもあります。

まあただ、ぶっちゃけた話、
会社で働けないような「無職・ニート」と呼ばれる人の中にも
たくさん面白い人
(今回の文脈で書くと、一般的には認められないだろうなあ
というような才能を持った人)がいて、
彼らに対して、人事としての私はなにもできないわけですね。

それはもどかしかった。
彼らは面白いからそのままでいいのに、働けとか言うなよ。
そのまま保存したい!と思ってしまいます。
(保存とかいうと失礼ですかね。すみません。でも天然記念物のように、
そういうひとた大切にした方がいいと思うんです。絶滅する前に!)

別に、働いている人でも同じことをおもったりします。

大学時代から知っている友人とかで、社会人になったら
「あー、こいつあんなに面白かったのになんか普通になってる!」
と思っちゃう人もいるわけですよ。

もちろん、そいつなりの事情があるから
ぜんぜんそれはそれでいいんですけど。
でも、聞く限り明らかに
そいつの強みや魅力を活かした仕事につけてない。
そういうのも、もったいないなあと、私は思ってしまうわけです。

建前ではなく、本当に私は、
人間誰しも才能があると思っているいます。

もちろん活かしやすい才能と活かしにくい才能があるはず。
でもそれはさ、周囲の才能を活かす側の問題であり、
本人だけの問題じゃないんだよ。
天才サファリパーク運営側の問題だよ!と考えています。

ということで、この広大な
天才サファリパークの遊び方を一緒に考えていきましょう。

変人のための転職相談ができるのか、面白い人事として考えてみる。

 

そもそも転職のアドバイスとかする人嫌いなんだけど、

それは就活生向けにアドバイスする社会人が嫌いなのと同じで

おまえよくわかってねーだろ、だまってろ、的な感想になるからでしょうか。

そもそも俺も転職一回しかしてないし、知り合い経由だからぜんぜんわからん。

確かに面接は仕事だけど、偏ってるからな・・・。

えーと、とりあえずいままで聞かれたことを思い出して書いてみる。

Q:紹介会社に登録した方がいいの?

A:個人的には自分で探した方がいいとおもう。あんたみたいな変な人に合う会社を

ちゃんと探してくれる会社あるのかな?なさそう。

あと、紹介会社経由だと会社が手数料を30-35%ぐらいはらってるから、

あんたの採用ハードルあがるんだけど、そこも知っておいた方がいいよ。

※人事としては当たり前だけど、紹介料の話とか知らない人も多いからな・・・。

「紹介会社経由の方が推薦してくれるから決まりやすいと思っていた」と言ってる人もいた。

いや、同じ人なら直応募の方がいいんじゃないか?そんなことないのか?

Q:どんな会社行ったらいいかわからない

A:それはおれもわかんない。とりあえず毎日一緒に顔合わせる人が

仕事の満足度を決めるような気がするから、それを入社前に知った方がいい気がする。

でもどうやって知るのかはわからない。結局は知り合い経由なんじゃないか、という気もするが。

Q:●●●●っていうこだわりがあるんですけど。

A:それぜったい受け入れてくれる会社少ないから!

ただ、それを最初の面接でいって、

NGだったら辞退するという明確なスタンスを維持した方がいいと思う

っていうか100社ぐらいうけろとりあえず。

Q:どの会社も個性的な人がほしいとか言ってる割には、

私は結構変わってるって言われますけど、落ちるんですが

A:どの会社も仕事ができる変人がほしいだけで、

しごとができない変人はいらないんじゃないの?

なので、あなたの変な部分を仕事に生かせる会社を探さないといけないっすね。

なんだろなー(以下、雑談しながら探っていく)

ここからは法則化は無理だけど、

うむ、これはなんかNPO法人変人サファリパークのサービスにできそうな気がしてきた。

ぜんぶ話した内容を議事録として公開していくこともできるし、

podcast化していくとか、変人をコンテンツ化していく。

面接で、面白い財務って何ですか?と聞いたときの回答がよかったのでメモしておく

 

面接で財務や経理のキャリアを積んでいる人に

「私は面白い人事を目指しているんですが、
面白い財務ってどんな風になるんですか?」

と聞いたら、

「それはKPIの設定かも」

と帰ってきた。

つまり、一般的な企業と異なり、

1.どんな数値指標を測定するか、

2.その目標値をどれぐらいにするか、

によって、面白くなる(オリジナリティが出てくる)

ということらしい。

なるほどー。

それは個人の生活でも同じかも。

というか、KPIの設定に関してもっと研究すると、

いろいろと新しい発見があるかも。

特に、「どんな指標を測定することになるか」

に関してはいろいろと研究の余地がある。

制作現場の面白さは直感的にわかりやすいけど、

管理系、バックオフィスの「面白い」はなかなかわかりにくいもんだけど、

今回の答えはわかりやすかった。

あの人入社してくれるといいなあ。