天才サファリパークを作るとしたらこんな説明文を書く

没ネタ。
変人サファリパークではなく、
天才サファリパークというテーマパークにするとしたら
どんな文章にするか

 

====

天才 – 天から与えられた才能を持つ人

天才サファリパークとは、
天才たちの生態をみて楽しく学べるテーマパークであり、
それをつくるために設立された
NPO法人の名前でもあります。

でも別に、天才をどこかに集めて
入場料もらうとかはしませんよ。

どちらかというと、
既に世の中そのものが天才サファリパークなのに、
誰も気づいていない!

だから、まずは私が園長となり、
同じような考え方の人と一緒に、
天才サファリパークの楽しみ方を形にしていこうという趣旨です。

天才とはそもそも周囲に認められるものです。
自称ではない。

ということは、自分がいかに他人の個性を、
とくに一般的に褒められるようなことではない個性すらも、
「才能」としてポジティブにとらえられるか、
それが天才サファリパークを楽しめるかどうかの分かれ目となります。

ところで、私の本職は企業の人事です。
人事というのはそのひとの強みを活かして、
会社にどのように貢献してもらうかを考える仕事でもあります。

まあただ、ぶっちゃけた話、
会社で働けないような「無職・ニート」と呼ばれる人の中にも
たくさん面白い人
(今回の文脈で書くと、一般的には認められないだろうなあ
というような才能を持った人)がいて、
彼らに対して、人事としての私はなにもできないわけですね。

それはもどかしかった。
彼らは面白いからそのままでいいのに、働けとか言うなよ。
そのまま保存したい!と思ってしまいます。
(保存とかいうと失礼ですかね。すみません。でも天然記念物のように、
そういうひとた大切にした方がいいと思うんです。絶滅する前に!)

別に、働いている人でも同じことをおもったりします。

大学時代から知っている友人とかで、社会人になったら
「あー、こいつあんなに面白かったのになんか普通になってる!」
と思っちゃう人もいるわけですよ。

もちろん、そいつなりの事情があるから
ぜんぜんそれはそれでいいんですけど。
でも、聞く限り明らかに
そいつの強みや魅力を活かした仕事につけてない。
そういうのも、もったいないなあと、私は思ってしまうわけです。

建前ではなく、本当に私は、
人間誰しも才能があると思っているいます。

もちろん活かしやすい才能と活かしにくい才能があるはず。
でもそれはさ、周囲の才能を活かす側の問題であり、
本人だけの問題じゃないんだよ。
天才サファリパーク運営側の問題だよ!と考えています。

ということで、この広大な
天才サファリパークの遊び方を一緒に考えていきましょう。